ponzu-blueの日記

ゆるっとおたく活動をふりかえる

オタクの始まり part2

週1くらいで書ければなぁと思っていましたがなかなか難しいものですね。コンスタントに書いてる方々尊敬です。何を書けばいいかわからなくなってきた。

 

では前回の続きです。

前回書いたヤバイ推しから卒業(?)し、構ってくれる推しに出会いましたが、干されることに慣れていたせいか、嬉しい感情は特別なくオタクをしておりました…。その場では嬉しいとは少し思うけど、ずっーーと干され続けたあとのちょっとしたファンサの方が嬉しかったし記憶に残ってるなぁという感じです。 出席確認(?)的なのも今までは経験することできなかったから、最初は嬉しかったけどその後はなにも思わなくなってしまったなぁ。慣れとはおそろしいものです。まぁ単純に前の推しの方が好き度が高かったからかなとも思ったりはしますが。

 

そんな感じだったので長続きはせず、また新しい推しを見つけては冷めて…を繰り返し今に至ります。正直演技がスゴい!から推しになることはなく顔が可愛いなぁ、かっこいいなぁから好きになるパターンが多いです。だから推しのどういう演技が好きかと言われてもすぐに答えられないかもしれない。俳優のオタクとしてだめなやつですよね。

 

つまり長年応援されてる方ホントすごいなと!どうやってそのモチベーションを維持することが出来るのでしょうか?現場に行けば他にかっこいい人もわんさかいるわけで、そっちも気になってしまうクソなオタクです…。

 

 

オタクの始まり

せっかくブログをやり始めたので、オタクになるきっかけでもざっくりと書いていければと思います。

 

まず芸能人に興味を持ったきっかけはモーニング娘。ゴマキとても好きだったなぁ~コンサートとかは金銭的余裕がなかったので一度も行けませんでした。まぁテレビで観るだけで満足できていたってのもある。今考えると行っておきたかったと思う。やっぱり生でみるのは違うし。

 

その後テレビ番組で某グループのパフォーマンスをみて一目惚れ!好きになって1年後ついに初LIVE参加!本当に存在するということの驚きと生のカッコよさは鳥肌が立つレベルだった!その初LIVE後は色々現場に行くようになり、遠征も夜行バスをフル活用して行ける限り行ってました。4列シートとか今乗ったら浮腫みやばいけど、昔は浮腫み知らずだったなぁ。若いって素晴らしい。

この時は推しの視界に入る位置の席をいかに確保出来るかで頑張ってました。良席に入ったところで報われないのがオチなんですけどね。それでも良席で入って推しのことをクリアな視界でみたかったのでまぁよしとしてました。この時の推しに関してはオタクしてて楽しかったことより病んでたことの方が多かったなと今は思う。昔の自分に会えるならそんな推しやめちまえって言ってあげたい!よく頑張ったな自分…(笑)

 

推しがいながらも、イケメンは好きなのでK-POPにもハマったりしましたし、舞台観劇もしたりしていました。舞台と言えばホストちゃん。あんなにお金を使っているのに使ってる感覚がないヤバイ舞台って他に存在するのかなってくらい財布の紐ゆるゆるになりますね。ホストちゃんに関してはまた舞台が決まったらなんか書ければなと思います。

 

だらだら長くなりそうなので、また次の記事に書きます。

 

スターくださった方ありがとうございます。

自己紹介

 

◇基本情報

アラサー社会人

 

◇推しについて

俳優さん1人

推しはいますが、気になった人のところは現場行っちゃいます

好きになったきっかけは後々書いていければ

 

◇舞台を見に行く基準

その時のモチベーションによりますが最低1回は行きます

とりあえず行ける日程取って、あわなかったら減らしたりしてます

 

◇グッズを買う基準

個人ブロマイドは買ってます

その他は気分次第

 

◇雑誌を買う基準

ビジュアルがよければ買う


◇映像を買う基準

映像でもまたみたいなぁと思ったら

毎回購入はしてない

 

◇プレゼント/手紙について

プレゼントはあげたいものがあったら

手紙は観劇したときは入れるようにしてます

 

◇同担について

ヤバイ人じゃなければ拒否とかありません

同担の友達作りたいけど、いきなり声かけるわけにもいかないので難しいなと思ってます…

 

長いと見にくいと思って短くしたらシンプルになりすぎました。

よろしくお願いします。